2010年04月13日

自民・中川義雄参院議員が離党届…新党参加へ(読売新聞)

 自民党の中川義雄参院議員は7日午後、党本部で大島幹事長と会談し、離党届を提出した。

 中川氏は会談後、記者団に「平沼氏(赳夫・元経済産業相)と今後とも一緒にやっていきたいというのが唯一の理由だ」と述べ、平沼氏らが10日に結成する新党に参加する意向を示した。

【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円(レスポンス)
<JR京浜東北線>ホームで女性が電車に接触 2万人に影響(毎日新聞)
小6にわいせつ容疑で消防士逮捕=「たくさんやった」−兵庫県警(時事通信)
<収賄>家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円(毎日新聞)
<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)
posted by ヤナイ モトイチ at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

<懲戒処分>消防長、知人女性に「延焼中」メール(毎日新聞)

 山梨県の東山梨消防本部の古屋晃消防長(58)が昨年12月〜今年3月、勤務時間中に公用パソコンで、ほぼ毎日知人女性と私的なメールの送受信を繰り返していたとして、運営する東山梨行政事務組合は3月30日付で減給3カ月(10分の1)の懲戒処分とした。管内で火災が発生した際も「延焼中」とメールを送っていたという。

 毎日新聞が入手した内部資料によると、古屋消防長は1月27日午後1時過ぎ、知人女性に「おれ?忙しいよ。職員は火事だから」「どうも俺(おれ)みたいな変なやつがいて、放火だね。ほうか(そうか)なんて言わんように」などと送っていた。

 古屋消防長は取材に対し「火災情報は広く市民に広報しており、そのような認識で送ったと思う。公務中に私的なメールを送ったことは不適切だった」と話した。東山梨消防本部は県北東部の甲州、山梨両市を管轄している。【曹美河】

【関連ニュース】
【懲戒処分】論文盗用:東大がトルコ籍の元助教懲戒解雇、経歴偽造も
【懲戒処分】京都府警:3人を懲戒処分 窃盗事件の証拠品599点紛失
【懲戒処分】キセル乗車:神奈川労働局長、通勤で 懲戒処分に
【懲戒処分】証拠隠滅教唆:証拠品の刃短く、警部補を懲戒処分 警視庁
【懲戒処分取り消し】酒気帯び運転:三重県職員の懲戒免職取り消し確定 最高裁

空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
男性の育休、進めばメリット(産経新聞)
<雑記帳>忍者衣装で辞令…「忍者の里」の伊賀市長(毎日新聞)
<薬害C型肝炎>「医薬品基本法」制定を 有識者会議(毎日新聞)
<脅迫>ネットで参院選候補 容疑の男出頭 書類送検へ(毎日新聞)
posted by ヤナイ モトイチ at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える(医療介護CBニュース)

 一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトと財団法人日本対がん協会、NPO法人キャンサーネットジャパンは3月21日、東京都内で「オンコロジードリームチーム・キックオフ・フォーラム」を開催した。がん患者やその家族、これまで「がん医療」について考える機会がなかった人々が集まり、理想とする「がん医療」について共に考えるというもので、参加者は400人を超えた。

 フォーラムではまず、「日本の医療の現場からがん医療を考える」をテーマに、医療者、患者それぞれの立場からの基調講演が行われた。
 埼玉医科大国際医療センター腫瘍内科の佐治重衡准教授は、「医療者がどんなに手を尽くしても患者自身が理解して参加してくれないと患者中心の医療は機能しない」と述べ、双方が役割を果たす必要性を強調。そのためには、「患者になる前の方への教育が大事だ」と主張した。また医療者についても、医師数増加よりも、医師をどう育てるかの議論や、優秀な若い医師を育てることの必要性を指摘。また、「暗い医療者に診てもらいたい患者さんはいない」とし、自分たちが胸を張って、やりがいのある素晴らしい仕事をしていると言えるように、「楽しく働くことが大事だ」と述べた。
 がん体験者でキャンサー・ソリューションズの桜井なおみ代表取締役は、患者中心の医療とは「決して患者様と呼ばれることではない」と指摘。医師は患者にとって必要な情報を提供し、患者は自分や家族がどうしたいのかを医師に伝えて「意思決定の共有化」を図ることが患者中心の医療実現には必要とし、「これが今患者中心の医療で一番欠けていることであり、患者が医者のためにできることではないかとわたしは信じている」と述べた。

 続いて、がん体験者でもあるテキサス大M.D.アンダーソンがんセンター腫瘍内科の上野直人教授は、「なぜ今“思いや夢を語ること”が大切なのか」をテーマに基調講演した。
 上野氏は、自らの考えをよく話すタイプの人は話を聞く姿勢を、なかなか思いを語らないタイプの人は意見を主張する姿勢を身に付けた上で、夢を語り合うことで、共有できる夢が見えてきて、チームができるとし、「これはとても時間がかかることだが、それを続けるとがん医療の方向性が見えてくる」と述べた。

 TBSテレビの「ニュース23」のキャスターの膳場貴子氏が司会を務めたパネルディスカッション「私の夢MyDreamから私たちの夢OurDreamへ」では、佐治氏らのほか、東大医学部付属病院緩和ケア診療部の岩瀬哲副部長と、がん体験者で作家の岸本葉子氏が登壇し、がん医療を取り巻くさまざまな問題点やその解決策などについて議論した。

 最後に会場に集まった全員が参加してドリームメイキング・セッション「伝えよう、がん医療のマイ・ドリーム」を実施。それぞれが厚紙に自分の思いや夢を書き、互いに語り合った。岸本氏は「医療者と協働(でがんサポート)」、岩瀬氏は「がん医療でもかかりつけ医を」を掲げ、会場からは「納得のいく『肉腫診療』が提供される日本」や、「個々の患者さんにより良い治療を提供する!」などの夢が紹介された。


【関連記事】
2011年度のがん対策に向けた提案書を了承
「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」
疼痛ケア「受けたことない」が約6割
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」

コンビニ労組が救済申し立て=セブンイレブンに団体交渉要求−岡山(時事通信)
荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定−大阪地裁(時事通信)
「愛国心」子供条例案、可決 浜松市議会(産経新聞)
<訃報>金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)
摂食障害の受刑者死亡=過失致死視野に捜査−京都地検(時事通信)
posted by ヤナイ モトイチ at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。